エステティックサロン Feel -神戸・三田を中心に3店舗

お問い合わせ&ご予約

岡場店の記事一覧岡場店の記事一覧

大満足ハンバーガーランチ

久しぶりにランチ情報もお届けします!!!

たまにはがっつり食べたい!!!満足したい!!!

そんな時にお腹も心も満たしてくれるのがこちら

『DAKOTA RUSTIC TABLE』

神戸市北区長尾町の目の前はハウスと田んぼというロケーションにあります。

メニューも豊富ですが私は悩んだ挙句

いつもベーコンエッグチーズバーガーという欲張りメニューになります(笑)

そして飲み物はレモネード!

このベーコンが香ばしくとってもおいしくて食べごたえ満点!

なんと自家製で裏の倉庫でつくっているのだとか。

パティももはやステーキ!こちらもジューシーです!

このがっつりバーガーにレモネードが爽やかでとっても合うのです(^^) ※私的には!

バーガーだけでなくパイも美味でした。

このときは3種類をシェアしましたがどれもとってもおいしいです!

パンケーキなどもあるようですがまだ私は食べたことがありませんので今度チャレンジしたいと思います。

 

店内もとってもおしゃれ!

私もたまに伺うのですが三田のおしゃれ雑貨屋さんBarnshelfさんのモノを使ってらっしゃるそうです。

こちらのバーンシェルフさんもとてもすてきな雑貨屋さんですのでおすすめです。

場所は1回は迷子になって看板を見落としてしまうような場所なのですが

ご興味のある方は是非ご利用ください!

入口の扉はPUSHと書いてありますが実は引き戸です!

見ていたら初めての方はみなさん1回は押してる方が多いです!

 

またおいしいごはんも不定期にご紹介していきます!!!

 

トラブル肌④乾燥・アトピー肌編 最終回

今週は暖かさも感じておりましたが

また週末になり冷え込んでおります!!

近所でもまだインフルエンザで学級閉鎖もあるようです!

 

さてさてトラブル肌もついに最終回!

第1回目はニキビ肌。

第2回目はシミ。

第3回目はしわ・たるみ。

最終回の第4回目は乾燥・アトピー肌です。

 

まずは外的要因、内的要因、精神的要因この3つをチェックしてみてください。

 

・外的要因 : ○紫外線をカットできているか

乾燥したお肌は紫外線を跳ね返す力も弱く、影響を受けやすくなります。

また炎症を引き起こす要因にもなるためしっかりカバーする必要があります。

○化学物質が含まれている化粧品を使っていないか

しわ・たるみ肌の時にもありましたが特に肌が傷んでいる場合は化学物質は少しずつ

肌に入っていき細胞を破壊していきます。これが余計にお肌を刺激します。

○クレンジングや洗顔で必要な水分や油分まで落としていないか、クリームでしっかり

蓋ができているか。

クレンジングや洗顔は選ぶものによって過剰に落としてしまっている場合もあります。

またクリームの機能が肌にあっていないとせっかく閉じ込めたい水分も蒸発してしまいます。

・内的要因 : ○腸内環境が悪くないか

抗炎症作用のある副腎皮質ホルモンは、腸内で善玉菌により活性化され全身に運ばれます。

その為、腸内環境が悪い状態だと弱い副腎皮質ホルモンにしかならず炎症を抑える効果が

弱まり炎症は表面へと出てきます。

・精神的要因 : ○ストレスが蓄積していないか

ストレスにより体内の活性酸素が増加します。もともとアトピー肌の方はこの

活性酸素を除去してくれる体内SOD酵素が少ない傾向になります。なので増加した活性酸素

の除去が間に合わなくなり体内に蓄積して肌を硬くするなどの状態が起こります。

 

次はそれに合わせたお手入れ方法です。

外的要因 : ○お肌に負担の少ない日焼け止めを使う

日焼け止めの中でも低刺激かつしっかりと紫外線を防げるものを選びます。

刺激のきついものは乾燥を招き肌トラブルを更に引き起こしがちです。

当店ではメタトロン化粧品のUVジェルをお勧めしております。

○化学物質の入っていない、抗炎症作用のあるお化粧品を選ぶ

特にお化粧水などはお肌に一番につける場合が多く潤いを与える為には

量も必要になります。水分をしっかり補給しかつ炎症のおきている部分に対して

抑える効果のあるものがおすすめです。当店ではメタトロン化粧品のファースト

ステップローションにあたります。

○クレンジング・洗顔・クリームの選び方

クレンジングや洗顔は過剰洗浄をさせないために弱酸性のものがおすすめです。また、

この肌のタイプの方はクレンジングの後に洗顔をすること自体が負担になります。

メタトロンのジェルクレンジングは洗顔をしなくても汚れをしっかり落とし仕上りもさっぱりでおすすめ

です。

※私も冬場は乾燥がでるため、夜・朝ともにメタトロンのクレンジングのみです。

また、クリームはその前に塗布したお化粧水や美容液がしっかり閉じ込められ蒸発しにくくなるも

のが必要です。メタトロン化粧品ではコントアBクリームや幹細胞配合のステムクリームが

おすすめです。

内的要因 : ○腸内環境を整える

食事面でもお肉や脂質・糖質は悪玉菌が増加するため、発酵食品などをとり善玉菌を

増やします。また、糖質や脂質を過剰に摂ると、他に使いたい体内酵素がその糖質や脂質の

除去に回ってしまい、足らなくなってしまします。摂りすぎないように注意が必要です。

当店ではファストザイムなどの酵素ドリンクや大麦若葉などもおすすめしております。

精神的要因 : ○リラックスする時間をつくる

まずはリラックスする時間やストレスを忘れる時間をつくること。

体内の活性酸素が増えているため上記のようにルイボスティ、大麦若葉などの

摂取もおすすめです。

また、極度の炎症や乾燥があるとマッサージも出来ない場合があります。

摩擦でさえも刺激になって炎症を引き起こすからです。

その際は、お背中のマッサージでリラックスすることを優先的に行ったり、

流すようなマッサージではなくつまむようなマッサージで血行を促進するなどの方法をとっております。

もし、お肌状態に当てはまる方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。

 

2月末までのフェイシャルキャンペーンも残りわずかです。

【ナチュラルケアコースリフレクソロジー付き】大変好評いただいております。

この時期冷えの気になる足先をしっかりほぐし、リラックスしませんか??

 

 

来月のキャンペーンは【背中のオイルマッサージ付きナチュラルケアコース】です!

こちらも大変人気メニューとなります!是非ご利用ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

トラブル肌③しわ・たるみ編

今日は予報では日差しの温かさを感じる1日でしょうと

言っておられましたが、朝から時折雪がちらついております((+_+))

 

今回は投稿早めにできました!

トラブル肌第3弾しわ、たるみ編をお届けいたします。

※更新は不定期となっております・・・。なるべく早くアップできるように努めます!!

 

第1回目はニキビ肌。

第2回目はシミ。

第3回目はしわ・たるみについてです。

これまでと同じくしわ・たるみについても

外的要因、内的要因、精神的要因この3つをまずはチェックしてみてください。

・外的要因 : ○しっかりと紫外線をカットできているか

紫外線といえばシミを連想される方が多いかと思います。

ですが実はUVAと呼ばれる紫外線は肌の真皮層にまで到達し当たった瞬間に

コラーゲンを破壊ししわやたるみの原因を作ります。

○化学物質が含まれている化粧品を使っていないか

特に肌が傷んでいる場合は化学物質は少しずつ肌に入っていき細胞を破壊していきます。

お化粧品の選び方も大切です。

○クレンジングや洗顔で必要な水分や油分まで落としていないか

しわやたるみは乾燥も大きく関係します。選ぶものによって過剰に落としてしまっている場合も

あります。

・内的要因 : ○良質なタンパク質・ビタミンが食事からとれているか

肌はタンパク質で出来ているため食事の中でもタンパク質が少なかったりその合成に必要な

ビタミンが少ないとたるみにもつながりやすくなります。

○良質な睡眠がとれているか

良くPM10時から2時の間は成長ホルモンがでるから美容にとってのゴールデンタイム!!

といいますが、実際大人になってからはいかに良質な睡眠がとれているかによって

成長ホルモンの分泌がかわってきます。

・精神的要因 : ○ストレスが蓄積していないか

ストレスがかかると身体の血流が悪くなります。

そうすることで新しい細胞を生み出す母細胞に栄養が行きにくくなるため

元気な子細胞が生み出せなくなってしまいます。

 

様々な要因がありますが次はそれに合わせたお手入れ方法です。

外的要因 : ○日焼け止めをしっかり使う

UVAを防ぐ指数はPAをチェック。特に季節変動のない紫外線ですので冬場でもしっかり

日焼け止めは塗っていきましょう。

○幹細胞エキスや成長因子配合のお化粧品を使う

しわやたるみにおいては新しく元気な細胞を生み出す力が低下しているため

組織が壊れた時にその部分と替わって細胞分裂をしてくれる幹細胞エキス配合のお化粧品が

おすすめです。Feelでは抗酸化力に優れた植物幹細胞エキス配合のメタトロン化粧品

ステムシリーズや成長因子を多く含むセルバイタルフェイスをおすすめしております。

○クレンジング・洗顔

しみやにきびではしっかり落とすことに重きをおいておりましたが、しわ

たるみ肌では逆です。乾燥肌の方も多いしわ・たるみ肌になるため、

クレンジングや洗顔は弱酸性のものがおすすめです。また、極度の乾燥の方は

クレンジングの後に洗顔をすること自体が負担になります。メタトロンのジェルクレンジングは

洗顔をしなくても汚れをしっかり落とし仕上りもさっぱりでおすすめです。

※私も冬場は乾燥がでるため、夜・朝ともにメタトロンのクレンジングのみです。

内的要因 : ○良質なたんぱく質、ビタミンをしっかり取る

元気な肌をつくるためには良質なたんぱく質の摂取が必須です。

またタンパク質はビタミンCと一緒に取ることで初めて体内でのタンパク質合成が始まりますので

一緒に取りましょう!お肉にはレモンなどを添えて…。

付け合せとしてブロッコリーなどもおすすめです!

○良質な睡眠をとる

深い睡眠、リラックスできている睡眠をとることで肌を作る基盤の成長ホルモンも促されます。

お風呂に入る時間や食事の時間など気にしてみてください。

精神的要因 : ○リラックスする時間をつくる

まずはリラックスする時間やストレスを忘れる時間をつくること。

体内の活性酸素が増えて血行が悪くなっているため血行促進のサプリや

ルイボスティ、大麦若葉などの摂取もおすすめです。

 

いずれのトラブル肌もですが、やはりエステの施術だけで解決できるものではありません。

食生活、生活スタイル、ホームケアなどあらゆる視点からの見直しが必要になります。

大変かもしれませんが、ずっと悩み続けるよりはできることを少しずつでも

していって解決の糸口が見つかればいいのではないかと思っております。

 

2月末までのフェイシャルキャンペーンは【ナチュラルケアコースリフレクソロジー付き】です。

この時期冷えの気になる足先をしっかりほぐし、リラックスしませんか??

 

 

次回、ついにトラブル肌最終回 乾燥・アトピー編もまたお付き合いいただけたら幸いです。

次回も近々アップしたいと思います!!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

トラブル肌②シミ編

あっという間に年末になり気づけば新年を迎え、、、

前回の投稿から4ヶ月も空いておりました(@_@;)

 

今回はずっと投稿できておりませんでしたトラブル肌第2弾シミ編をお届けいたします。

※更新は不定期となっております・・・。なるべく早くアップできるように努めます!!

 

第1回目はニキビ肌でした。

第2回目はシミ。

シミにもニキビと同じく

外的要因、内的要因、精神的要因この3つをまずはチェックしてみてください。

・外的要因 : ○しっかりと紫外線をカットできているか

やはり紫外線の影響を直に受けるとシミができます。

紫外線に当たる時間がどんなに短くても日焼け止めは必要です。(洗濯ものを干すときなど)

○美白化粧品をつかえているか

メラニンが排出されてからシミになるまでの過程で阻害するのが美白化粧品。

ビタミンCなどが配合されているお化粧品を使っているかどうかも重要です。

○日々のクレンジング、洗顔がしっかりできているか

余分な角質がたまるとターンオーバーがうまくいかず濃いシミになってしまうため

余分な角質を落とせているかが大切です。

・内的要因 : ○食事からのミネラルやビタミンが不足していないか

体内にミネラルやビタミンが不足していると活性酸素の除去に影響し、メラニンがシミになるのを

防ぐことができにくくなります。

○肝臓が疲れていないか

お肌は内臓の鏡ともいうように肝機能が低下するとこれもシミの原因になります。

○女性ホルモンのバランスが悪くなっていないか

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

通常はエストロゲンが優位に立ちますが更年期などでバランスが崩れプロゲステロンが

優位に立つと血液がドロドロになり皮脂もベタツキが出ます。この時に体内では

プラスミンという血液を固めない為の酵素が出ます。それだけだといいのですが

このプラスミンはメラニン色素を刺激してしまう酵素でもありこれが肝斑になります。

・精神的要因 : ○長期間にわたるストレスが続いていないか

ニキビの際にもお話しましたが、まずストレスがかかると脳へ、体内炎症を抑える為の

ホルモンを分泌させる指令が行きます。この時分泌を促されるホルモンが副腎皮質

ホルモンです。そして、このお隣に存在するのが、『メラニン形成刺激ホルモン』。

長期間この副腎皮質ホルモンが刺激されることでそのお隣にあるこのメラニン形成刺激

ホルモンも同時に刺激され続けてしまいメラニンを作らせてしまいます。

 

様々な要因がありますが次はそれに合わせたお手入れ方法です。

外的要因 : ○日焼け止めをしっかり使う

通常はSPF20~30あれば問題ありませんが、長時間強い紫外線に当たる場合は

もうすこし強いものがおすすめです。また、紫外線の影響を受けにくい肌をつくるための飲む

日焼け止めもあります。

○美白化粧品を使う

美白化粧品にはビタミンCやLシステインなどメラニンからシミになるのを防ぐ成分等が

配合されていますのうまく利用していくのがおすすめです。

肝斑に関しては、トラネキサム酸配合のお化粧品が効果的です。

○クレンジング・洗顔

クレンジング・洗顔は古い角質をしっかり落とせるものを選びます。

※ただし、乾燥肌の方は注意が必要です。

ターンオーバーの促進になり、シミが濃くなるのを防ぎます。

内的要因 : ○ビタミンC、ビタミンE、βカロテンをしっかり取る

メラニンからシミへと変化していく段階で元の状態に戻すのがビタミンC、E、βカロテン。

1回使いきりのものなので3種類まとめて摂るのがおすすめ。毎食とるのが理想的です。

○女性ホルモンのバランスを整える

外的要因でもあげたように、プラスミンの働きを抑えてくれるのがトラネキサム酸です。

また、プロゲステロンが優位に立つことを抑えるため、エストロゲン様作用のあるものを

摂取するのもおすすめです。当店では、エストロゲン様作用のある酵素ドリンクファストザイム

などを取り扱っております。

神的要因 : ニキビ同様ストレスの原因を完全に取り除くことは現実、なかなか難しいものです。

少しでもストレスの原因を忘れる時間を作り、辛い事を思い出す代わりに

楽しかった体験、リラックスできた体験・時間を思い出す癖をつけることも

大切です。そのために、エステなどで何も考えない時間、ゆっくり過ごす時間を

作っていただけると良いかと思います。

 

シミに関しては最近レーザー等でケアする方が増えていますが、

現状出ているシミに対してはケアできますが根本のシミの出来やすい肌の改善は

できません。エステでは、現状のケアも大切ですが、できにくい肌をつくること、

肌本来の力を取り戻すことに対してケアを行っていきます。

 

2月末までのフェイシャルキャンペーンは【ナチュラルケアコースリフレクソロジー付き】です。

この時期冷えの気になる足先をしっかりほぐし、リラックスしませんか??

 

 

次回、しわ・たるみ編もまたお付き合いいただけたら幸いです。

つぎこそ!!近々アップしたいと思います!!!

また近隣のおいしいごはんも投稿したいと思います(*^_^*)

最近ご飯を食べすぎてリセット週間にはいっておりました山下がお届けしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

トラブル肌①にきび編

9月に入り、朝晩はぐっと涼しくなりました。

もう東京や大阪ではインフルエンザも流行りだしているとか?!(・・;)

皆様も乾燥のこれからの時期、予防に気を付けられてください。

 

さて今回からシリーズでトラブル肌についてのお話です。

シリーズは

①ニキビ編

②シミ編

③たるみ・しわ編

④乾燥・アトピー肌編

以上4回にわたってお話させて頂きます。

※更新は不定期となっております・・・。なるべく早くアップできるように努めます!!

 

第1回目はニキビ肌

ニキビには症状の進行によって4段階あります。

第1期:いわゆる白ニキビといわれるものです。

なんらかの原因で毛穴が狭くなり皮脂が外に出られない状態になったものです。

第2期:第1期で閉じてしまった毛穴の中で、分泌され続けている皮脂が

パンパンに詰まった状態となります。

この段階ではまだ炎症はおきていません。

第3期:第2期の詰まった皮脂の中に菌が増殖し、その菌を白血球が退治しようとし

内部で炎症をおこします。見た目には赤くなった状態に見えます。

第4期:炎症が全体に広がり、化膿した状態のニキビになります。

 

ニキビができる要因はさまざまですが

外的要因、内的要因、精神的要因この3つをまずはチェックしてみてください。

・外的要因 : メイクをされる方であれば、今使っているクレンジング・

洗顔で本当にメイク汚れ・脂汚れが落とせているのか。

逆に、クレンジング・洗顔が必要な水分などまで落としすぎていないか。

メイク汚れや過剰な皮脂が残っているとそれが刺激となりにきびがさらに

悪化していきます。

また、思春期ニキビの方や男性にも多いのですが、殺菌・清潔を意識しすぎて

しまい洗浄力が強いクレンジングや洗顔をつかい、必要以上に落としすぎて

いても、皮脂分泌を促すきっかけになります。

・内的要因 : 食生活が糖質過多、脂質過多になっていないかどうか。

便秘が続いていないかどうか。

過剰に摂取した糖質や脂質はそのまま脂肪として蓄積され皮脂の分泌も

多くなったり、血液中に脂肪がおおくなることでドロドロ血液になり、

老廃物を外に出したり、栄養を細胞に運ぶこともうまくできなくなります。

便秘も同じく、老廃物の排泄がうまくいかなくなりニキビの原因となります。

・精神的要因 : ストレスが続いていないか。

よくストレス性のニキビというのは耳にすることがあると思います。

まずストレスがかかると脳へ、体内炎症を抑える為のホルモンを分泌させる

指令が行きます。この時分泌を促されるホルモンが副腎皮質ホルモンという

ものです。ステロイドなどでこの名前を聞かれた事が有る方も多いと思います。

この時に副産物として出るのが副腎アンドロゲン。これはいわゆる男性ホルモン

になります。男性ホルモン、つまり皮脂分泌量が増えたりして肌トラブル→

ニキビに繋がるのです。またストレスから離れたとしても、ふと思い出した時にも

この流れがまた起こってしまいます。なのでストレス性のニキビのケアは長期間

かかってしまうというわけです。何回も同じ位置にニキビができる方は

この状態にある方が多いようです。

 

さて、あてはまるものはいくつありましたでしょうか?

ひとつひとつチェックしていくことで何が原因なのか、どういったケアをしていくべきなのかの判断がしやすくなると思います。

次に要因やニキビの段階にあわせたお手入れの仕方です。

各段階別

第1期・第2期 : この段階ではまだ炎症は起きておらず、皮脂が詰まり始めた段階ですので

硬くなった毛穴(厚くなった角質)をピーリングやアルカリ性の洗顔などで

柔らかくし、吸引などで溜まった皮脂を取り除きます。

その後はしっかり肌に合ったクレンジング・洗顔と保湿を行います。

第3期・第4期 : この時期になると炎症・化膿しているニキビになりますので、基本マッサージは

お勧めできません。酸化した脂を溶かす作用のあるパックや鎮静のお手入れ、

リラックスする時間を過ごすためのエステ(ヘッドマッサージやお体のマッサー

ジ)がお勧めです。また、この状態になると毛穴内部は損傷を受けている為、

肌細胞の再生促進の為、幹細胞のお化粧品の使用もおススメとなります。

 

各要因別

外的要因 : クレンジング・洗顔の選び方ですが、クレンジングに関しては、余計な油分は

あたえないジェルクレンジングがおすすめです。ただし、市販のジェルクレンジングは

洗浄力が劣るものも多い為、おすすめは荷電処理などで汚れを浮き上がらせる

ことの出来るものや、硬めのジェルのものを。当店ですとメタトロンのジェルクレン

ジングが該当します。洗顔は、ニキビの段階にもよりますが、いずれも角質が厚く

なっている場合も多いのでアルカリ性のタイプやピーリングタイプで始めは皮膚を

柔らかくし状態の改善に併せて弱酸性などに変えていきます。

内的要因 : 食生活においては、脂質・糖質の量を減らすことが第一です。

その他に、摂取した糖質や脂質の代謝を促すために、糖質がエネルギーに代わるのを

手助けするビタミンB1(豚ひれ肉、もも肉、うなぎ、大豆、そら豆など)、脂質の代謝に

関与しているビタミンB2(レバー、うなぎ、サバ、カレイ、牛乳、さんま、ぶり、

ヨーグルト、納豆、卵など)も併せてとってください。

便秘の場合、腸内環境を整える必要がありますので乳酸菌もしっかり取る事が

大事です。

精神的要因 : ストレスの原因を完全に取り除くことは現実、なかなか難しいものです。

少しでもストレスの原因を忘れる時間を作り、辛い事を思い出す代わりに

楽しかった体験、リラックスできた体験・時間を思い出す癖をつけることも

大切です。そのために、エステなどで何も考えない時間、ゆっくり過ごす時間を

作っていただけると良いかと思います。

 

一般的に改善に最低でも半年~8ヵ月はかかると言われています。

長い道のりにはなりますが、あきらめず肌質改善のお手伝いができればと思っております。

 

10月末まで、フェイシャルキャンペーンは【毛穴クレンジングコース】に

なっています。ニキビでお悩みの方はぜひご利用ください!!

 

短くまとめたかったのですが言いたいことが多すぎてこんなに長くなってしまいました…。

次回は簡潔にまとめられるように努めます…。((+_+))

次回、シミ編もまたお付き合いいただけたら幸いです。

また近々アップしたいと思います!!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

年齢を重ねていく事

8月も今日で最後となりました。

8月もたくさんのご来店ありがとうございました。

 

先日、店休日を頂きスクールに参加させて頂いておりました。

その時にすてきなお話を伺いましたので今日はそのお話をさせて頂きます。

 

人間だれしも年齢は重ねていくものです。

当たり前のことではあるのですが、

エステに来ていただいているお客様はもちろんのこと

女性であればそれに抗いたい、いつまでも若々しく元気でありたい

そういった気持ちを持つことは自然なことです。

私たちエステティシャンもいつも抗う事に必死です(笑)

どうしても年齢を重ねていく事=老化=いやなもの、嫌うべきもの

というイメージがついてしまいます。

なので芸能人の方や一般の方でも多くなりましたが

ヒアルロン酸注入や金の糸など手っ取り早い美容整形でケアされる方も増えています。

ですがはたしてほうれい線のないこと、シワがないこと、など作られた美しさが本当の

美しさと言えるのでしょうか?

講習の中でこういった言葉がありました。

『年齢を重ねる事=魅力が増していく事』

とっても素敵な言葉ではないでしょうか。

どういう事かというと

1つ目はほうれい線やシワです。

ほうれい線は豊麗線とも書いたりしますが、これらはお顔に魅力的な立体感をうみ、

色気や意思の表れとなります。

これははりがあってみずみずしい20代にはない魅力となるのです。

2つ目はお肌の皮脂量、水分量が減少することです。

これは悪いことにとらえがちですが

逆手に取ると、足りない分を補う事で最適なバランスに整えることができます。

そうすることでキメや透明感が出て清潔感や女性のかわいらしさが一層ひかります。

20代の内は、油分や水分は過多になりやすく少ない状態よりもケアが難しいのです。

ただ、皮脂量、水分量が減少した分を十分に補えないと、

ちりめんジワやたるみといったいわゆる老化といわれるものになるのです。

よく『アンチエイジング』といいますがこれは年齢を重ねることを否定的にとらえた言葉です。

これからは『エイジングバリュー』 年齢=価値

というとらえ方で年齢を重ねていくことを楽しんでいきませんか??

その為にも、ご自身の肌状態を理解し、あったケアをすることが大切です。

是非、エステティックサロンFeelのフェイシャルケアで色気のある女性を共に目指していきましょう!!!

フェイシャルケアはホームページをご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

茅葺き古民家で癒し

毎日暑い日々が続いております(~_~;)

さていつもブログはビューティー情報を掲載しておりますが
今回はとっても良いお店に行かせて頂く機会があったのでご紹介します。

神戸市北区淡河にあります 『はなとね』さんです。
ずっと噂だけは聞いていたのですがなかなか行く機会がなく。。。
木曜、金曜、土曜だけの営業ですので皆様ご注意ください!

茅葺きの建物で本当に田舎のおばあちゃんの家に帰ってきました!という感じです。
わたしはチョコ、ベリー、いちじく&くるみ、抹茶ホワイトチョコ、バジル&チーズ、あんこの6種類を持ち帰りに。
そしてランチにお麩のベーグルサンドを頼みました。
このお麩が絶品なんです!
しっかり味がしみ込んでいてあげてあるので、食べごたえ満点!
ヘルシーなのに満足!なんと嬉しい響き!!!
子供用に洋なしとクリームチーズのベーグルも頼みましたがこれもまたおいしい!

さらに、かき氷がこれまた淡河の苺を使ったものなんですが
苺そのものでとってもおいしいんです!
かき氷は大小大きさが選べますが大もぺろりです!

いつも子連れで行くのには限られるのでランチにも悩むのですが
こちらにはなんと!
夏の時期にはお庭に小さいプールが!!!
そしてお部屋の中にも小さなキッチンやブロック、絵本の数数!!
今回は水着持参でたくさん遊ばせました。
心配りも行き届いているお店で
必要な方にはご自由にどうぞという子供用のお洋服の替え&タオルまで!

もうリピート確実なお店でした(*^_^*)

たまには自然の厚さを体感するのも大事ですね!
※エアコンはなく扇風機のみですので今時期は汗だくです(笑)

沢山汗をかいてデトックス&身体に良いごはんで幸せな一日でした!

ご興味のある方はぜひ行かれてみてください!

部分痩せと食生活パート2

前回、パンは下半身にお肉が付きやすいというブログを投稿させて頂きました!
今回は、食事において欠かせないビタミンについてお話させて頂きます。
いくらダイエット中とはいえ、食事は生活するうえで必要不可欠。
でもバランスの悪い食事や不規則な生活ではミネラルやビタミンが不足しがちです。
ビタミンやミネラルは食べたものの代謝にも大きく関わっています。
そこで今回は、糖質や脂質などの代謝とかかわりの深いビタミンB群についてご案内いたします。

ビタミンB1:主食でもある糖質をエネルギーに変える際に必要なビタミン。
不足するとエネルギーに変えれず乳酸などの疲労物質もたまりやすくなる。
多く含む食材・・・豚肉、うなぎ、ナッツ

ビタミンB2:糖質や脂質の代謝を促進するビタミン。脂質を多くとる方は不足しがち。
生活習慣病の予防や、肌荒れ、口内炎にも効果的。
多く含む食材・・・豚・鶏・牛レバー、うなぎ

ビタミンB6:タンパク質の代謝に欠かせないビタミン。たんぱく質を多くとる方は必要量が増えるので不足しがち。
免疫機能にも関わりがあり、月経前症候群の緩和にも効果的。
多く含む食材…まぐろ、さんま、バナナ

ナイアシン:糖質、脂質、タンパク質の代謝に必要なビタミン。代謝の補酵素として活躍。
アルコール摂取が多い方は消費量が増えるので不足に注意。

ビタミンB群は他にも免疫力の強化や皮膚、髪などに関わりのあるものも多くあります。
ただ、マルチビタミンなどのサプリメントになると多くとりたいもの、少なくてもいいものなど
全体が中途半端な摂取になってしまうので
ご自身の食生活や嗜好などに合わせて必要なものを個別に組み合わせてみてください!

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!!

部分痩せと食生活

かなり久しぶりの投稿となってしまいました・・・。

このところボディメニュー、特に痩身メニューでのご予約が増えてまいりました。
やはり温かくなってくると冬貯えた脂肪や、ボディラインが気になってきます!

そこで今日は食べ物とダイエットについて少しお話したいと思います。

最近、お客様との会話の中でも特に多いお悩みが下半身太りです。
下半身を気にされている方は一度は思われる方も多いと思いますが
なかなか痩せにくいですよね・・・。
一度セルライトが付いてしまうと運動では痩せにくいですし
硬くなった箇所はマッサージをしても痛く、あざなどもできやすい・・・。
自分ではケアが難しいためエステサロンでの施術を希望される方も多い箇所です。

そんな下半身の脂肪・セルライトですが実は
気にされている方に共通してよく摂られる食材があります。

それは 『 パ ン 』 。

大体の方が毎朝パン食という方やお昼休憩が短時間しか取れず
パンで済ませることが多いなどパンを主食として摂られています。

ではなぜパンは下半身に脂肪・セルライトがつきやすくなるのでしょうか?
パンでも特に菓子パンはカロリーは高いのにそれをエネルギーと変えてくれる
食材と一緒には摂る機会が少ない為、燃やすことができずただただ脂肪として蓄積されがちです。
脂肪が蓄積され脂肪細胞が大きくなると、身体の下部分にある脚は
特にリンパの流れや血流が滞り、脂肪がセルライト化して痩せにくい下半身が出来上がってしまいます。

他にも食材によって体の一部分に脂肪が付きやすくなる食材もあります。

・下腹部…麺類、砂糖の多いお菓子

・二の腕…生クリーム、アイスクリーム、お肉の脂身など動物性脂肪

・背中…揚げ物

さて当てはまるものはありませんか???
好きなものを我慢するのはとってもつらいことですが
部分痩せされたい方は是非一度食生活の見直しをされてみてください!

★店休日のお知らせ★

今日の朝は冷え込みました!!!

 

既に毛布と掛布団で寝ている私…冬場を無事乗り越えられるでしょうか…。

 

 

さて、10月と11月誠に勝手ながら1日ずつ店休日を設けさせて頂いております。

 

10月25日火曜日

11月1日火曜日

 

皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

10月は日中は暖かい日が多いようですが、気温の差で体調を

崩されませんようお気を付け下さい!!!

 

 

1 2 3 4 5

ご予約・お問い合わせについてご予約・お問い合わせについて

お問い合わせはメールフォームより24時間受け付けて
おりますのでお気軽にご相談ください。
お電話でのご予約・お問い合わせは店舗へ直接ご連絡ください。
> お問い合わせページへ進む